補助金の申請方法を理解しよう

どのくらいの補助金が出るのか

申請すれば、42万円をもらうことができます。
出産に関する費用が少ない人でも、出産一時金を加えれば十分費用になるのではないでしょうか。
子供1人あたりにつき、42万円が支給されます。
つまり双子を出産した際は、84万円になります。
赤ちゃんを出産して、すぐ自宅に帰れるものではありません。
出産は、非常に体力を消費する行為です。

しばらくは入院して、身体を回復させることに集中してください。
しかし入院は、無料ではありません。
入院する日数が増えれば、それだけ必要な費用も増えます。
普段は健康的な人でも、出産の時は体力が低下する可能性があります。
もしかしたら、入院が長引くかもしれません。
出産に備えて、十分な費用を確保しておきましょう。

ほとんどの人が受け取れる補助金

出産一時金は、受け取れる人の条件が決められています。
しかし、妊娠して4か月以上の人という決まりなのでほとんどの人が出産一時金を受け取れるでしょう。
そもそも、妊娠していることに気づくのが3か月から4か月頃です。
ですから遠慮しないで、誰でも申請してください。
しかし当然ですが、保険証を持っている人でなければいけません。

また、病院選びも重要です。
医療に関する保証制度に加入していない病院もあります。
そこで出産する際は、出産一時金の額が変わるので注意しましょう。
42万円ではなく、40万2千円が支給されます。
額が少し下がってしまうので、できればちゃんとした制度に加入している病院で出産することをおすすめします。


▲ TOPへ戻る