補助金の申請方法を理解しよう

出産一時金を受け取れる人は、条件が決められています。 まずは条件に自分が該当するのか調べてください。 こちらから申請しなければもらえないので、確実に申し込むように意識してください。 出産の費用を少しでも軽減することに繋がります。 お金を確保して、安心して出産に臨んでください。

病院が代わりに手続きをしてくれる

ほとんどの人は、直接支払制度を利用すると思います。 これは病院に手続きを任せる方法になります。 出産する時は、そのことだけに集中しなければいけません。 余計なことをしている余裕はないので、直接支払制度を使って、病院に代わりに手続きをしてもらった方がいいです。

条件に該当する人とは

みなさんは、出産一時金を知っていますか。
出産する時にもらえる、補助金のことをいいます。
赤ちゃんを妊娠したら定期的に検診を受けたり、病院へ入院したりしなければいけません。
その際は費用が発生するので、事前にどのくらいの費用があれば足りるのか計算しておきましょう。
妊娠4か月以上で出産する人であれば、誰でも出産一時金を受け取ることができます。
費用が足りるか心配な人は、必ず申請しておきましょう。

病院と、直接支払制度という制度を契約することができます。
すると出産した時に、病院が手続きを進めてくれます。
赤ちゃんを産んだらしばらく入院するので、その時の費用を出産一時金で支払う形になります。
限度額があるので、それを超えたら退院する時に越えた金額を支払ってください。
逆に思ったより入院する期間が短くて、出産一時金が余ることがあります。
その時は余った分を、口座に振り込んでくれるので赤ちゃんを育てる費用に使ってください。

自分で書類を記入して、申し込む方法もあります。
その時は病院側にも記入してもらう欄があるので、忘れずに書いてもらってください。
どうしても忙しくて、出産する前に申し込むことができない場合があります。
その際は出産が済んで落ち着いたら、出産一時金を申し込む方法もあるので安心してください。
しかし出産や入院で、高額な料金を先に支払うことになります。
必要な現金を用意できる人だけ、後から申し込むようにしてください。

自分で申し込む方法もある

病院によっては、直接支払制度を受け付けていないところがあります。 その場合は出産一時金を受け取るために、自分で申し込みを済ませなければいけません。 必要な書類があるので、記入して提出してください。 また、出産した後に補助金を受け取ることもできます。

▲ TOPへ戻る